ケアマネージャーについて考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実務経験証明書とは

実務経験証明書、ケアマネージャー
試験を受験したことのある人なら
何のことだかわかりますよね??

まあ、ケアマネージャー試験、受験するのは
これから、と言う人も、実務経験証明書という
名前と、ケアマネージャーの受験資格を
知っていれば大体何なのかは
想像つくと思いますが、、、。

受験資格を満たしていることを証明するためのものです。
ケアマネージャーの受験資格は
規定された資格を持ち、かつ実務経験が
最低の場合でも5年必要ですよね。
その証明なんですが、、、

これは、自分の職場(ケアマネージャー試験の
受験資格を満たすことの出来る職場)のお偉いさんに
書いてもらわなくてはいけません。

ここで注意が必要なのが、今現在、
受験資格を満たすことの出来る職場に勤めていて
実務経験年数もOKである場合は、職場の
上司に書いてもらえばいいことですが、
途中で職場を変わった人などは、
職場毎に書いてもらわなくてはいけません。

つまり、ケアマネージャー試験を受験しようと
思ったら、今の職場のほかに前職場にも
行って証明書を書いてもらわないといけない
ということですね。。。

円満退社じゃなかった人はちょっと
いやですよね・・・。

主任ケアマネージャー?

何度かこのブログで、ケアマネージャーの制度
の変更点について説明しましたが、
その中に出てきた、主任ケアマネージャーという
もの、これが何なのかを今日は説明しようと
思います。

主任ケアマネージャーは、平成18年に
できたばかりのものです。

一体これは何なのかというと、
新人ケアマネージャーの指導などを
行ったり、ケアマネージャーの相談にのるなど、

まさにケアマネージャーの主任といった感じの
仕事内容なわけですが、

何の条件もなく主任ケアマネージャーに
慣れるわけではありません。

主任ケアマネージャーになるためには、

まず、ケアマネージャーとして実務経験が
5年以上あること、

そして専門員研修を修了すること。

これを満たせば主任ケアマネージャーに
なることができます。

ケアマネージャーの就職活動時期はいつがいい??

医療事務 求人情報は、
一般の企業などのように、年に一度
定期的に採用試験があるとかそういう感じではなく、

欠員が出たときだとか、新しく事業所が
立ち上がるときなどに求人があるもの
だったりするので、ケアマネージャーの求人を
探すのに、いつごろがいいというのは実際
ないようです。

まあ、良いほうにとれば、ケアマネージャーの
求人はいつでもあると言うことになりますが。。。

今はまだ、通関士 講座
できたばかりということもありますし、
ケアマネージャーの求人は結構多いと
思います。


今はまだ求人が多いですし、今後高齢化社会
となっていきますから、介護事業所なども
増えてくると思うので、当面
ケアマネージャーの求人は多そうです。

しかし、ケアマネージャーは他の介護関連の
職業と同様、労働条件などは、あまり良くないと
聞きますが、他の介護関連の職ほど、
出入りの激しい職種ではないと言うことも
聞きます。ある程度のところで
求人件数も落ち着いてくるのでしょうかね。。。。



前回の追記。ケアマネージャーの変更点

前回、平成18年度からのケアマネージャーに
関する変更点についての記事を書きましたが、
かなり重要なことを一つ書き忘れていたので、
追記します。

それは何かというと、ケアマネージャーの資格更新制度
です。

これは見たままなのですが、今まで
ケアマネージャーの資格は一度取得すれば、そのまま
一生涯資格を失うことはありませんでしたが、
今後は5年ごとに、更新が必要となるというものです。

介護専門員証の有効期限が5年に設定され、
更新のたびに研修を受講する必要があります。

介護に関する制度などは、日々変化しますよね。
かなり頻繁に変わることが多いので、
実際に苦労しているケアマネージャーさんも
多いのではないかと思います。
そういうこともあっての更新制度だとは
思いますので、5年毎の更新の際に、
最新の研修を受けるというような形に
なるのでしょうか・・・・

この制度は、平成18年度以降にケアマネージャーの
資格を取得した人だけではなく、
それ以前にケアマネージャーの資格を
取得していた人も適用されますので、
忘れないようにしなくてはいけませんね。
更新をしないと、ケアマネージャーの資格は
失われてしまいます。

平成18年度以前にケアマネージャーの資格を取得した
人に関しては、取得した年度によって、
資格の有効期限が違います(初回更新は全員が
5年というわけではないみたいです)

何年度から何年度に取得した人はいつまで
みたいな感じでそれぞれ決まってますので、
チェックを忘れないようにしてください。

ケアマネージャー制度の変更

昨年の平成18年にケアマネージャーの
仕事内容や制度などが若干見直されました。

今までの常識と少し変わった点もあると
思いますので、そのあたりを
今日はちょっと書いてみたいと思います


★ケアマネージャーの1人当たりの
 担当件数の削減
 改定前は1人当たり50名担当が平均だったのですが、
 1人当たり30人程度に削減する動きと
 なりました

★2重指定制
 居宅支援事業所の指定と
 ケアマネージャーの指定をそれぞれ
 独立して行うことでそれぞれの
 責任を明確にする制度

★主任介護支援専門員(ケアマネージャー)
 実務経験5年以上の人が対象で、任意の
 研修を修了すると主任ケアマネージャーに
 なることができます

とまあ、こんな感じです。

ケアマネージャーの一人当たりの担当件数が
減ったのは良かったですね。一人当たり50件と
いうのはかなり大変だったと思います。
ケアマネージャーの人材がまだまだ
不足していたからなのでしょうが、
現在もまだ不足がちと言われています。

ケアマネージャーを目指す人がもっと
増えてくれるといいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。