ケアマネージャーについて考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護給付とは?(居宅介護サービスその1)

介護給付とは、要介護者に対して行われるサービスのことです。

介護給付の対象者は、「要介護状態にある65歳以上のお年寄り」や「40歳以上64歳以下の方で、加齢に伴う特定疾病が原因で介護や支援が必要な方」と定められています。

介護給付は、大きく分けると「居宅介護サービス」と「施設介護サービス」の2通りあります。
居宅介護サービスには、下記のような種類があります。


@居宅介護サービスの種類

a、訪問介護:ホームヘルパー(訪問介護員)が要介護者の居宅を訪問して、日常生活
       のサポートを行います。また、通院時の乗車・降車(いわゆる介護タクシー)の介助もあります。

b、訪問入浴介護:入浴設備や簡易浴槽を備えた移動入浴車で、看護師、介護士が訪問して、入浴介護を行います。
  全身入浴のほか、希望により部分浴や清拭も利用できます。

c、訪問看護:看護師などが要介護者の居宅を訪問して、主治医と連絡をとりながら療養上の世話や診療補助を行います。

d、訪問リハビリテーション: 主治医の指示にもとづき、理学療法士や作業療法士などが要介護者の居宅を訪問し、
               リハビリテーションを実施します。

e、居宅療養管理指導:医師や歯科医師、薬剤師などが要介護者の居宅を訪問して、
           必要な治療を行ったり、利用者及びその御家族等に療養の指導や助言などを行います。


ケアマネージャー 講座 NAVI
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

診療放射線技師を目指して30代,40代で転職

診療放射線技師は、レントゲン撮影などで、患者の病気を早期発見する http://fighting.photobycolin.com/

| URL | 2008年11月25日(Tue)08:42 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。