ケアマネージャーについて考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアマネージャーが活躍する職場:訪問看護ステーションとは?

訪問介護ステーションについてみていきましょう。

訪問介護ステーションとは、自宅での介護を望む高齢者の方へ、日常生活における介護や看護などのサービスを提供する機関のことをいいます。

介護を必要とされる認知症の方、怪我や病気などで寝たきりの方、脳卒中の後遺症などでリハビリが必要な方などには、住み慣れた自宅を離れたくないという方も少なくありません。

そのような自宅での介護を求める高齢者に対して、必要なサービスを提供していくのが訪問介護ステーションです。

訪問介護ステーションを開設している機関には、医療法人や医師会、社会福祉法人、看護協会などがあります。

訪問介護ステーションでは医師の指示を受けながら、利用者のニーズに応じた訪問介護サービスを実施していきます。

訪問介護ステーションはより質の高い介護サービスを提供するために、訪問する医師や看護師はケアマネジメントに基づいたサービスを実施しています。

ただし、訪問介護ステーションを利用するには、介護保険、医療保険や老人保健のいずれかの受給資格のある方など、利用条件が定められています。

利用する際には注意が必要です。


ケアマネージャー 講座 NAVI
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。