ケアマネージャーについて考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実務経験証明書とは

実務経験証明書、ケアマネージャー
試験を受験したことのある人なら
何のことだかわかりますよね??

まあ、ケアマネージャー試験、受験するのは
これから、と言う人も、実務経験証明書という
名前と、ケアマネージャーの受験資格を
知っていれば大体何なのかは
想像つくと思いますが、、、。

受験資格を満たしていることを証明するためのものです。
ケアマネージャーの受験資格は
規定された資格を持ち、かつ実務経験が
最低の場合でも5年必要ですよね。
その証明なんですが、、、

これは、自分の職場(ケアマネージャー試験の
受験資格を満たすことの出来る職場)のお偉いさんに
書いてもらわなくてはいけません。

ここで注意が必要なのが、今現在、
受験資格を満たすことの出来る職場に勤めていて
実務経験年数もOKである場合は、職場の
上司に書いてもらえばいいことですが、
途中で職場を変わった人などは、
職場毎に書いてもらわなくてはいけません。

つまり、ケアマネージャー試験を受験しようと
思ったら、今の職場のほかに前職場にも
行って証明書を書いてもらわないといけない
ということですね。。。

円満退社じゃなかった人はちょっと
いやですよね・・・。

スポンサーサイト

主任ケアマネージャー?

何度かこのブログで、ケアマネージャーの制度
の変更点について説明しましたが、
その中に出てきた、主任ケアマネージャーという
もの、これが何なのかを今日は説明しようと
思います。

主任ケアマネージャーは、平成18年に
できたばかりのものです。

一体これは何なのかというと、
新人ケアマネージャーの指導などを
行ったり、ケアマネージャーの相談にのるなど、

まさにケアマネージャーの主任といった感じの
仕事内容なわけですが、

何の条件もなく主任ケアマネージャーに
慣れるわけではありません。

主任ケアマネージャーになるためには、

まず、ケアマネージャーとして実務経験が
5年以上あること、

そして専門員研修を修了すること。

これを満たせば主任ケアマネージャーに
なることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。