ケアマネージャーについて考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険 新しいマーケットとしての中国

日本では当たり前にみんなかけている自動車保険の選び方。かなりの飽和状態とで、日本国内では新規のお客さんを探すよりは今加入しているお客さんの『乗り換え』を狙ったパイの奪い合いという状況です。

若者の車離れなどもあり、業界は大きな減収の波に晒されています。

この現状を打開するため、多くの会社が海外進出を行っています。

日本の自動車保険はマーケットを世界に広げ、今後大きな発展を見せる可能性があるのか注目です。

中でも、一番大きなマーケットといえば中国です。

著しい経済成長の中、中級以上の層が増えてきており、車を持つ人が増えてきました。

保険という考え方に触れたことすらない人も多いため、必要性のアピールを行って啓蒙していけば、かなりの収益拠点になる可能性が高いです。

車が普及しているのは世界でも一部。

正に中国は今から車社会に突入するのです。

中国との関係は政治的に難しいものがある昨今ですが、これから普及しそうな国として、自動車保険業界は注目をしています。

スポンサーサイト

自動車保険 渋滞は辛い?

不意に渋滞につかまった時、大変なイライラ感を味わうことがあります。

スイスイ通れると考えていたら特に現実とのギャップに不快感は膨れ上がります。

渋滞は大抵「いつ抜けるか」わかりません。

ソーラー発電 補助金はまだしも、自転車に追い抜かれたり、終いに徒歩にまで抜かれたりすると、イライラを通り越して怒りすら覚えることもあります。

私も何度も渋滞につかまったことはあります。

渋滞を抜けた後は、爽快感というより何か吐き捨てるような感情が湧いてきたものです。

同じようなことを、私の友人が自動車保険 比較ガイドというサイトで言っていました。

私はのんびり気質で、あまり急いだりしませんが(自分で言うのもなんですが…^^;)、その私がこのような気持ちに支配されるほどですから、せっかちな人はその比ではないかもしれませんね。

まぁ私も含めですけど、気持ちのはけ口としては大体皆さんアクセルを踏みます。

アクセルもいつもより踏み込みつつ、感情も不安定ですから、どうしても運転は荒く不注意になりがちです。

そういう時に事故は起こるもの。

渋滞はそれ自体より、その後を注意したほうがよさそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。